Single Antigenによる
 HLA抗体検査のお申し込み方法

HLA抗体検査は原則として検体到着当日に結果をご報告
•HLA抗体のスクリーニングおよびSingle Antigenの同定検査

 

抗HLA抗体検査保険収載に関する届出について


平成30年4月1日から抗HLA抗体(スクリーニング検査)及び抗H LA抗体(抗体特異性同定検査)の測定が全ての臓器移植後におい て保険収載となります。

参考:日本移植学会ホームページ
http://www.asas.or.jp/jst/news/20180322.html

当社に抗体検査を委託していただいている施設において届出をさ れる際には、当社が施設基準を満たしていることを証明する書類 等を添付する必要があります。

当社は、日本赤十字HLA委員会認証の受託検査機関として、移植 におけるHLAタイピングも受託しています。

認定及び資格取得


登録 神奈川県衛生検査所第95号
日本組織適合性学会認定
組織適合性指導者3名、HLA検査技術者2名


抗HLA抗体(スクリーニング検査)及び抗HLA抗体(抗体特異性
同定検査)の測定に関する施設基準および精度管理保証について


関係学会による指針の遵守について
当移植検査課は、日本組織適合性学会QCWS参考プロトコルに沿って検査を実施し、毎年開催されるQCWS(精度管理)、QCワークショップ集会(解析報告会)に参加しています。QCWSの結果は基準を満たしており、日々の検査精度については日本組織適合性学会認定組織適合性指導者、認定HLA検査技術者が検査を行い、質の担保に努めております。

【重要】抗HLA抗体保険収載にかかる届出について

平成30年4月1日から抗HLA抗体(スクリーニング検査)及び抗HLA抗体(抗体特異性同定検査)の測定が、全ての臓器移植後において保険収載となります。当社に検査を委託していただいている施設におかれまして、届出をされる場合は、下記の2つの書類(PDF)を添付の上、ウェブページのURLを記載し、各施設から所轄の地方厚生(支)局へ届出をお願いいたします。
(平成30年4月16日(月)必着)

QCWS評価表(ジェノダイブファーマ株式会社) PDF
QCWS集会参加証明書(ジェノダイブファーマ認定組織適合性指導者) PDF

検査に必要な検体について

検体には匿名化したIDが必要となります。


血糖の場合と血清の場合

受託検査の流れ

まずは弊社まで委託依頼のご連絡を頂き、検体到着予定日の前日までに【HLAタイピング発注書】をFAXまたはメールにてジェノダイブファーマ株式会社宛に送信してください。 

   検体送付状/発注書

検体送付状/発注書

書類のダウンロードはこちら
Excel /PDF

お問い合わせ先

検体量

検査には、血清、血漿どちらの場合も2ml~5ml程度必要となります。
遠沈管等の容器に入れてご送付ください。

HLA抗体検査

Class Ⅰ , Class Ⅱ

判定基準

蛍光値(MFI値)が約1000以上を陽性としております。

検体の送付方法

血清・血漿ともに、マイナス15℃以下で12時間以上冷凍保存し、宅配便(冷凍便)で下記住所宛にご送付ください。

検体の送付方法

検査方法

マイクロビーズ法(LABScreen Single Antigen)

通常lのLABScreen

矢印

HLA抗体の有無と特異性の同定

結果のご報告

検体送付状/発注書

     報告書(見本)

最短で当日にメールおよび報告書(紙媒体)にて検査結果をご報告いたします。
(午前着の検体に限ります。再検査の場合は翌日以降にご報告いたします。)

実績

ジェノダイブファーマの実績についてはこちらを御覧ください。

ページトップへ戻る